2018年4月5日木曜日

腐ってた

 平成13年のL700Sミラジーノ、走行距離は4万Kmちょっと。
セルは回るけどエンジンが掛からない。
ポンプの作動音がしないな・・・と思ってみてみたら、やっぱりポンプが死んでいた。
フューエルポンプは39500円もする・・・年配のお客さんで、数か月後の免許の書き換え機にやめるつもりなのだが、どうしてもそれまではクルマが必要なんだという。
どうしたもんかと思って、懇意にしてる解体やさんに相談したら、ちょうどL150Sのムーブを解体中だった。
リターンレス式のポンプで形状がよく似ている。コネクタも同じだったので、これを貰って来た。

フューエルゲージのセンダユニットは元のに付け替えて組み込んだら問題なく使えたw
格安で修理できてよかった。
しかしなんでポンプが壊れたかというと、タンクに入ってたガソリンが腐ったからみたいだ。
走行距離が少なくて1年以上給油していなかったらしい。
中のガソリンは白濁して、もはやガソリン特有の臭いはせず変な臭いになっていた。
おそらく水分吸って劣化してしまったのだろう。
年間の走行距離が少ない場合は、満タンにしちゃいけないね・・・

1 件のコメント: